授乳中に酵素ドリンクを飲んでダイエットをしてもいいの?

出産をして太ってしまった、体型を何とかしたい、こんな悩みがありませんか。

授乳中からダイエットを始めたい、でも運動をする時間はない、そんな方をサポートする飲み物が酵素ドリンクです。

でも、母乳は血液からできていて口にするものが母乳に影響を与えるので、口のするものには気を使いますよね。授乳中に酵素ドリンクを飲んでも大丈夫なのでしょうか。
酵素ドリンクにもさまざまありますが、授乳中に飲んでも問題ないとしている酵素ドリンクがあります。

授乳中に飲んでもよいかは、製品の説明やQ&Aに記載されているので確認をしてください。

無添加な酵素ドリンクなら、授乳中に飲んでも大丈夫なことが多いです。

酵素ドリンクの正しい飲み方

酵素ドリンクを使ったダイエット方法には、プチ断食と1食置き換えがあります。

プチ断食は、1~3日間固形の食事は一切口にせず、酵素ドリンクや水を飲んで過ごすダイエット方法です。

1食置き換えは、朝・昼・夜のうち好きな時間帯の食事を酵素ドリンクに置き換えます。

どちらのダイエット方法も授乳中にはおすすめできません。なぜなら、授乳中はしっかりと栄養を摂取する必要があるからです。
授乳中にはお母さんが必要とする栄養素と、赤ちゃんが必要とする栄養素を摂取しなければなりません。

そのため、しっかりと食事を食べることが大切になります。1食でも置き換えをすると必要な栄養素が不足する心配があります。

授乳中に酵素ドリンクを飲んでダイエットをするのなら、食前に飲んだり、おやつ代わりにするとよいでしょう。

食前に飲むことで代謝や消化を助けてくれることが期待できます。

ケーキ、アイスクリーム、ポテトチップスなどお菓子を食べているなら、酵素ドリンクをおやつにすることで摂取カロリーを大幅に減らせます。

 

お菓子には栄養がほとんど含まれていないので、食べる必要はありません。

酵素ドリンクに変えることで、わずかにですがお菓子よりも栄養素を摂取できます。

投稿日:

便秘解消を目的で酵素ドリンクを選ぶ時は成分表示チェックが必要

最近、TVや雑誌、SNSなどでも酵素ドリンクが話題になっています。

酵素ドリンクを飲む目的は、ダイエットやファステイング等を目的として利用している人も多いようですが、

酵素ドリンクが含んでいる酵素成分には、消化吸収を促進したり整腸作用によって腸内環境を整える効果もありますので、

酵素ドリンクを試した人達からも便秘に効果があったという口コミが広まり、実際に便秘解消効果を目的として酵素ドリンクを飲みはじめる人も増えています。

ただ、酵素ドリンクにも色々ありますので、

どんな酵素ドリンクが便秘に効果的なのかを良く見極めた上で選ぶことが、酵素ドリンクで便秘解消を成功させるポイントになります。

便秘に効く酵素ドリンクを選ぶ際には、なるだけ食品添加物を多く使っていない商品を選ぶようにしましょう。

商品の成分表示を良く見ておく

酵素ドリンクの成分表示に保存料や着色料、酸味料や甘味料やあまり見たことのない片仮名の添加物が沢山入っている商品だったら避けた方がいいです。
こういう食品添加物は胃腸の消化する働きの負担になったり調子を乱す素になり易い物が多いからです。
こういう食品添加物が色々と入っている酵素ドリンクは、商品の説明の頁で便秘解消効果が紹介していたとしても、

実際に飲むと飲んだ人の体質や体調次第では便秘解消どころか下痢になったりする場合もあります。

また酵素ドリンクの便秘に効く成分は、しっかりと熟成発酵された野菜や果物のエキスにあります。
酵素ドリンクの成分表示をよく見て野菜や果物、野草や海藻類等の名称が記載されているか否かをチェックしてください。

また食品の成分表示においては、配合量が多い順番に表記するという規則がありますので野菜や果物、

野草や海藻類の名称が、最初に表記されているか否かが熟成酵素がしっかりと配合されているかどうかを判断する目安となります。

この成分表示の中で果糖ブドウ糖液糖などが表示されていると、熟成発酵したエキスはほんの少しだけ入っていて他は野菜や果物ジュースを使っている可能性もあります。
たまたまそういう酵素ドリンクだとは知らずに飲んで便秘解消に効果があったというケースもあるかもしれませんが、

酵素ドリンクを飲むのならばしっかりと野菜や果物を熟成発酵させている商品を飲んで便秘を解消した方が身体にとっても安全ですし効果的で安心して長く飲み続けることが出来ます。

酵素ドリンクを便秘解消を目的として飲む場合は、成分表示のチェックが大切です。

投稿日: